まつ毛育毛剤通販

名作アニメの感想あらすじネタバレまとめ > アニメ コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN8「百万のキセキ」感想
2015年04月12日

アニメ コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN8「百万のキセキ」感想

アニメ コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN8「百万のキセキ」感想
image.jpg

あらすじ


新総督によって宣言された「行政特区日本」の設立。イレブンにとってそれはブリタニアに対する怨念の一頁であったはず。何故それを再び?血塗られた虐殺皇女の歴史が再現されてしまうのか?
その時、ゼロがスザクに申し出た驚愕の取引とは?そして百万のキセキとは果たして?

前半


ゼロの判断によって黒の騎士団員は動揺しています。
image.jpg
黒の騎士団はもちろん、日本人の民も前回の二の舞になる事を恐れて誰も参加しようとはしません。


スザクは行政特区日本のことで忙しくなり学園を休学することになります。

スポンサーリンク

スザクはルルーシュの記憶が本当に失われているのか疑問が残る中色々な考えが巡ります。
心の底で死という罰を求めていたのに、「生きろ」というギアスをかけてきたルルーシュがなぜ…など。

ロロとの約束をお互いに確認するルルーシュ。
お互い同じ運命ということを確認しあいます。
そしてルルーシュは自室にヴィレッタを呼び出し、扇に会いたいかを尋ねます。
image.jpg

ブリタニア軍にいる、ジノ、アーニャ、スザク、ロイド、セシル、アーニャの秘書ローマイアのもとにゼロから連絡がきます。
image.jpg
ゼロは100万人を行政特区日本へ動員する代わりに、自分を国外追放処分にして欲しいと要求します。

これに対してスザク達は犯罪者であるゼロを逃がしていいのかまようのでした。

後半


協議の結果ゼロを国外追放処分にすることが決定します。
灯籠流しをしながらこの話をしていると、自分たち以外にもユーフェミアのことを想っている人がいることを見つけます。
image.jpg
image.jpg
スザクは平和で優しい世界を望むユーフェミアの意思を汲むことにしたようです。


シズオカゲットーの行政特区日本建設予定地では100万人を超える日本人が集まっています。
ここにはヴィレッタも来ていて扇の姿を探しています。

上空には中華連邦のシンクーたちが見に来ています。
シンクーは具合が悪いようで血を吐いています。


式典が始まります。
「ゼロだけを国外追放処分にする。」という発表の後モニターにゼロが現れます。
image.jpg
ゼロはスザクに質問します。
「日本人とは、民族とはなんだ?言語か?土地か?血の繋がりか?」
スザクの答えは「こころ」
これにはゼロも同感します。


スザクはこの答えになんの意味があるのか疑問を持っていると、集まった100万人が一斉に煙を出し姿を見えなくします。
この間に全員ゼロの姿になるのでした。
image.jpg
image.jpg
命令により国外追放処分を受け入れる100万人のゼロたち。
ブリタニア軍の作戦を完全に逆手にとりました。


黒の騎士団を日本から出し、ナナリーの手を汚したくないルルーシュ。
絶対にゼロを逃がしたくないスザク。
ローマイアの行動を見て、ユーフェミアもナナリーも許すつもりだったことを思い出し、ゼロを見逃すことに決めるのでした。

中華連邦が迎えに来て100万人は移動に成功します。

これはスザクが絶対に発砲命令を出さないことを知っていないとできない作戦でした。
最悪の敵だからこそ、ナナリーのことをよく理解しているからこそできた作戦。
ルルーシュはスザクに感謝するのでした。
image.jpg

ゼロは、俺は、ユフィまでこの手にかけたテロリスト。だから俺はただ罪を許されるだけではいけないんだ。
この罪に見合った奇跡をおこすため、俺は明日と向かい合う。

感想


ユーフェミアの事を想い、日本人の希望になったゼロ。
頭脳戦から百万のキセキを起こし、舞台は中華連邦に移っていくと思います。
登場人物それぞれの関係がこれからどうなっていくのか?

スポンサーリンク




posted by タクヤ at 13:00 | Comment(0) | 反逆のルルーシュR2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。