まつ毛育毛剤通販

名作アニメの感想あらすじネタバレまとめ > アニメ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ダンまち 第1話「冒険者(ベル・クラネル)」感想 誰だって最初は初心者から!
2015年04月12日

アニメ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ダンまち 第1話「冒険者(ベル・クラネル)」感想 誰だって最初は初心者から!

アニメ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ダンまち第1話「冒険者(ベル・クラネル)」感想
image.jpg

あらすじ



迷宮都市オラリオ。その都市の象徴ともいうべき『ダンジョン』にこだまする魔獣の咆哮――
新米冒険者・ベル・クラネルは、まさに絶体絶命の危機を迎えていた。少々残念な神・ヘスティアの唯一の眷族となり、はや半月。眼前には、5階層で遭遇するはずのない高レベルモンスター。すくむ足、震える身体……恐怖と絶望に支配されたベルの前に、一人の剣士が舞い降りる……。
剣、魔法、魔物、そして神々。オラリオの零細ファミリア所属、ベル・クラネルの冒険譚は、ここから始まった――。

前半


遠い昔僕たち神は、きみたち子供たちが暮らすこの下界に刺激を求めて降りてきた。
そして僕たちは決めた。この下界で、永遠にきみたちとともに暮らそうと。
神が力を封印して、不自由さと不便さに囲まれて楽しく生きようってね。
僕たちがきみたちに与えられるのはたったひとつ。「恩恵」という名のモンスターと戦う力だけ。
与えられた子供たちはその神の眷族「ファミリア」になる。
つまり、君は僕の眷族。フェスティアファミリアのたった一人のメンバーってわけだ。


スポンサーリンク

ミノタウルスに襲われているベルを少女が助けて物語は始まります。
image.jpg
image.jpg
血まみれになってエイナに「アイズ・ヴァレンシュタイン」のことを聞きにきます。
image.jpg
ベルはエイナに、いきなり5階層まで潜ったこと、「冒険者」は冒険ちゃダメなことを怒られます。
潜って半月でミノタウルスに襲われて生きて帰って来たのはすごい幸運ということも。
ベルは助けてもらった女性「アイズ」のことを好きなってしまいました。
image.jpg
でもファミリアが違う2人が近づくのは色々と問題があります。
ベルが強くなったら振り向いてくれるかもよ?と励ますエイナに大好きー!と言い去っていくのでした。


ベルは亡くなった祖父に、「冒険者ならダンジョンに出会いを求めなくっちゃな。醜悪な怪物からか弱い女冒険者を助け、感謝されいい仲になる。これぞ、冒険の醍醐味ってやつだ。」と言われていました。

ベルは神様「ヘスティア」のいるところへもどってきます。
image.jpg
ヘスティアは陽気で明るく元気な少女です。
ヘスティアファミリアに人が増えないのに悩みながらも、しばらくは2人きりでいいと思っています。

ヘスティアはアイズの事に対して少し妬いています。
ベルに素晴らしい相手ともう出会ってると言ってもいまいちわかっていません。
翌朝ヘスティアが寝ている間にベルは出発します。

お腹が減っているベルは街で女性に弁当を譲ってもらいます。
image.jpg
代わりに夕食はその店に来るという約束をして。

後半


ダンジョンに入ったベルはアイズのことを想像しながら大幅に熟練度を上げます。
このことにまたしても妬いてしまうヘスティアは出てってしまいます。
image.jpg
image.jpg
その頃ベルは昼間の店に来ていました。
昼間の女性は「シル・フローヴァ」。
たくさんの人が来てたくさんの人が触れ合うこの店が好きというシル。

ここにロキファミリアたちアイズが来店してきます。
image.jpg
酔っ払っている「ベート」。
OPのミノタウルスを逃した経緯や、アイズが助けた少年(ベル)の話をします。
image.jpg
彼は自分とベルのどっちがアイズに相応しいか聞きます。

これを聞いていたベルはいてもたってもいられず店を飛び出してしまうのでした。
アイズは店の入り口までベルを追います。
見覚えがあるようです。

悔しさのあまりダンジョンに入るベル。
アイズの隣に立つ為に無我夢中でモンスターを倒していきます。

朝になりベルの帰りを待つヘスティア。
ボロボロになった姿のベルはヘスティアに「ぼく、強くなりたいです」と言うのでした。
image.jpg

感想


何も取り柄のなさそうなベル。
元気な神様ヘスティア。
レベルが違いすぎるアイズたちロキファミリア。
これからこの関係はどうなっていくのか?
RPGをうまくアニメにしたような、あっという間に過ぎる1話です。

スポンサーリンク




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。