まつ毛育毛剤通販

名作アニメの感想あらすじネタバレまとめ > アニメ 血界戦線 第3話「世界と世界のゲーム」感想 ホワイト?エンジェル?
2015年04月19日

アニメ 血界戦線 第3話「世界と世界のゲーム」感想 ホワイト?エンジェル?

アニメ 血界戦線 第3話「世界と世界のゲーム」感想

あらすじ


ゴーストワゴンの一件で怪我を負ったレオは、入院した病院で「ホワイト」と名乗る少女と出会う。退院しても、つかみどころのないその少女が気になるレオ。
一方その頃、ヘルサエムズ・ロットには新たな麻薬が蔓延していた。知覚を鋭敏化し、回復力を増幅する「エンジェルスケイル」。頸動脈を斬りつけられても死なない身体となるこの強力な麻薬は、
ヘルサエムズ・ロットの、外にも流出し始めていた。
事態を重く見たクラウスは、エンジェルスケイルの情報を集めて、異界の“顔役”ドン・アルルエルの屋敷を訪問。彼は、そこで驚くべき人物と鉢合わせする。その男とは、チェスの最高位・グランドマスターの座に輝くコルシコフ・ウルツェンコ。彼もまた、アルルエルと取引をするため、この屋敷を訪れていたのだった。
アルルエルから提示された条件はひとつ。「プロスフェアー」と呼ばれるゲームの勝負で、彼に“負けない”こと。負ければ願いが叶えられないだけでなく、残りの人生を奪われるのだ。アルルエルに勝負を挑むウルツェンコを止めようとするクラウスだったが、ウルツェンコは聞く耳を持たない。そんなウルツェンコに対し、クラウスは「チェックメイトを忘れて戦っていただきたい」というアドバイスを残すが……。

前半


レオはとりあえずホワイトを写真で撮ります。
自分で幽霊って言うから試しに撮ってみたようです。
image.jpg

スポンサーリンク


そして自宅が高級ホテルになって追い出されてしまいました。
image.jpg
ライブラの事務所に寝泊まりしているようですが…

ザップが外で斬られそうになって血を流して事務所に入ってきます。
image.jpg
寝ているレオの上に座ってエンジェルスケイルの話を聞いています。
ライブラはエンジェルスケイルの情報を集めていて各自がどこを調べるか決まりました。
image.jpg
しかし調べても手掛かりすら掴めません。
クラウスは、クラウスのことをクラッチと呼ぶ「K・K」と合流して異界の顔役ドン・アルルエルの屋敷に向かいます。
image.jpg
そこにいたのはチェスのグランドマスター「コルシコフ・ウルツェンコ」。
image.jpg
ドン・アルルエルはプロスフェアーの勝負をしかけてくるのでした。
image.jpg
image.jpg

後半


クラウスはウルツェンコの身を心配して彼の敗北前提で話を進めます。
チェックメイトを忘れて戦っていただきたいというアドバイスをして。

アルルエルはウルツェンコの願いは9時間ゲームを続けられたら叶えると言っています。
さらにクラウスとK・Kを消すことを追加すると10時間、しかし負けると残りの人生をもらうと言われます。
結果は残り2分で詰んでしまって敗れて戻ってきます。
約束どおりアルルエルがウルツェンコの残りの時間を貰おうとすると、クラウスがこれを止めるのでした。

クラウスは「ウルツェンコとの約束は自分との勝負が終わってからにしてほしい」と言うと、アルルエルは99時間楽しませてくれたらいいにすると言います。
そして2人の勝負が始まるのでした。
image.jpg
外で待っているウルツェンコはなぜクラウスが出てこないか疑問に思います。
アルルエルがプロスフェアーに1200年費やしていて、そんな相手に不眠不休で99時間戦うのは無理だと思って。
一体クラウスは何者なんだと…。
image.jpg
クラウスは99時間戦って戻ってきました。
約束どおりウルツェンコも自由になって。

メンバーたちはクラウスがどこからエンジェルスケイルの情報を集めてきたのかわからないでいます。
しかしこの一言で片付けるのでした。
image.jpg
世界はなんでも起こる

お前の敵はどこだ?
敵は己の中にあり。とか思ってるやついるだろう。
違うな、いつだって敵は外からやってくる。常にご油断召されるな!
思いもよらない連中が今日もお前を脅かしにくるぞ?
自己紹介なんて今更だ兄弟。
お前はもう俺の名前を知ってるだろ?

感想


1話、2話の戦闘回とは全然違う回でした。
これからわからないことはアルルエルに勝負を挑めばわかると思うけど、リスク
が高すぎますね。
クラウスの紳士さが目立ち、世界はなんだって起こるよ!そして異界の世界対現実世界のゲームの話でした!

スポンサーリンク




posted by タクヤ at 20:08 | Comment(1) | 血界戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
敗北前提ではなく、勝とうと思うな、とアドバイスしただけでは?唯一勝機があるとしたら時間まで負けない事だから、と。
Posted by at 2015年05月07日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。