まつ毛育毛剤通販

名作アニメの感想あらすじネタバレまとめ > アニメ コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN24「ダモクレスの空」感想
2015年04月28日

アニメ コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN24「ダモクレスの空」感想

アニメ コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN24「ダモクレスの空」感想
image.jpg

あらすじ


帝都ペンドラゴンを一瞬で消滅させたフレイア弾。その決戦兵器を大量装備した天空要塞ダモクレスが舞い上がる! そのシュナイゼルの計画が完了すればもはや世界は彼の手に落ちる! ルルーシュとナナリーが、カレンとスザクが虚空の彼方で相対する時、すべては結末に向け加速する!

前半


「ナナリー、次の発射準備ができたよ?」


スポンサーリンク

シュナイゼルにこう言われて何度も何度もフレイヤの発射スイッチを押すナナリーなのでした。


戦術が意味をなさない戦場。
しかし、ダモクレスの懐に入りさえすればなんとかなると考えたジェレミア卿は突撃するも、天空要塞ダモクレスはシールドで覆われていて攻撃を受け付けません。


こうしている間に、ニーナとフレイヤ対策に取り掛かっていたロイドがルルーシュの前に戻ってきます。
あとはスザクとルルーシュにかかっていると言って…。



次々とフレイヤを撃つシュナイゼルに通信を入れるシンクー。
しかし次のフレイヤ発射までの10分しか時間はないと伝えられます。
シュナイゼルにとって黒の騎士団も必要なくなったのです…。

シンクーはルルーシュたちの後ろに回り込み攻撃してきます。
ここに立ちはだかるのはスザク!
image.jpg
「生きろ」というギアスを支配して使いシンクーを追い詰めます。
image.jpg
するとここで援軍が!
藤堂の乗る斬月です。
image.jpg
しかし2人ともスザクには敵いません。
やられ際にシンクーはルルーシュの乗るアヴァロンへ攻撃します。
するとフロートシステムを破壊することに成功したのでした。



この隙にアヴァロンの中に入って人質の救出に向かうシンクーたち。


アヴァロンは太平洋に着水後ミッション「アポティアレティア」を行なう予定でいます。
そしてルルーシュはロイド、咲世子、セシルたちに今までのお礼を言うのでした。
「これまでよく仕えてくれた。君たちの覚悟に感謝する」



アヴァロンへ戻ってくるC.C.。
「ルルーシュ、恨んでいないのか?私のことを。ギアスを与えたことで、お前の運命は大きく変わってしまった。」
C.C.の質問にルルーシュは答えます。
「らしくないな、魔女のくせに。C.C.、お前がくれたギアスが、お前がいてくれたから俺は歩き出すことができたんだ。これから先のことは全て俺の…」
これを聞いて泣きそうなC.C.。
image.jpg
「初めてだよ…お前みたいな男は…。」
するもここでカレンの乗る紅蓮が襲ってきます。
「あなたはわたしが止める!さようなら、ルルーシュ!!」
泣いているカレン…。

しかしカレンの相手はC.C.が務め、この隙にルルーシュは蜃気楼に乗りアヴァロンへ向かうのでした。
ルルーシュの突撃を確認したシュナイゼルはフレイヤの照準を蜃気楼に合わせます。
「ルルーシュ、最後は捨て身か…見苦しいな。」
自分の兄ルルーシュへ放たれるフレイヤのボタンを押すナナリー。


ルルーシュたちの作戦は、フレイヤの発動を止めること。
フレイヤは刻々とその組成を変化させています。
理論上はこの組成に反応する対応を見つければ、フレイヤの臨界反応を停止できます。
しかしフレイヤの爆発までは約19秒…
この間に現場環境データを入力し、プログラム完成させなければいけません。
更にこの実行時間は0.04秒。



シュナイゼルは「平和の完成だ…。」と言います。
しかしルルーシュとスザクの2人は19.04秒の間でフレイヤを止めることに成功します!
そして天空要塞ダモクレスの中に侵入していくルルーシュたち。


ルルーシュたちの攻撃によってダモクレスは大きく揺れます。
この揺れによってナナリーはフレイヤの発射スイッチを落としてしまい、見失ってしまうのでした。
image.jpg

後半


ルルーシュたちにダモクレス内に侵入されたシュナイゼルは、あらかじめこうなることを予想していました。
ルルーシュたちを中に閉じ込めて、ダモクレスごとフレイヤで破壊しようとしていたのです。


ルルーシュたちが移動していると後ろからジノに襲われます。
ジノの相手はスザクに任せて先に行こうとするルルーシュ。
しかしジノの攻撃によって蜃気楼は破壊され、走って行くことになるのでした。
ジノとスザクの戦いはスザクの勝利です。
「たとえどれだけ機体を強化しようと、君では僕に勝てない!」
しかしジノの役目はスザクに勝つことではありませんでした。
それはカレンをスザクと戦わせること…。
「スザク、決着をつけるときが来たようね。私たちのすれ違いに!」




この間にシュナイゼルはダモクレスから逃げる準備をしています。
「ダモクレスもフレイヤも所詮は機械。また作ればいいよ。今や世界中がルルーシュの敵だ。そのルルーシュを消し去ったシステムとなれば、様々な組織が喜んでフレイヤを作ってくれるだろう。」
そしてルルーシュと一緒にナナリーまで見捨てる気でいます。
「世界の平和と一つの命。悲しいことだが、比べるまでもないよ…」
シュナイゼルが脱出用の機体に乗ると、ルルーシュから通信が入ります。


ルルーシュはシュナイゼルが勝つ気がないことを知っていたのです。
「皇帝シャルルは昨日を求めた。あなたは今日を、だが俺は明日が欲しい!」
そしてシュナイゼルの肩を叩く人物が…。
モニターで通信していたのは録画でした。
ルルーシュはシュナイゼルに「ゼロに仕えよ」というギアスを使うのでした。
image.jpg


ダモクレスの自爆を解除するために発射スイッチを持つナナリーの元へ行くルルーシュ。
ナナリーとルルーシュが再会すると、ナナリーはシャルルに掛けられていたギアスを自分で破り、目を開きます。
「お兄様、私にもギアスを使いますか?」
image.jpg


あの日から、俺はずっと彷徨っていたのかもしれない…名前も経歴も手に入れた力も、全部、俺にとっての本当を見つける道だったのかもしれない…だから…

感想


ついにシュナイゼルに勝ったルルーシュ。
でも掛けたギアスは「ゼロに仕えよ」というものでした。
あえてルルーシュではなくゼロにしたのは何の理由があるのか?
そして最後の戦いはナナリーと!
遂に最終回です!


スポンサーリンク




posted by タクヤ at 23:00 | Comment(0) | 反逆のルルーシュR2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。