まつ毛育毛剤通販

名作アニメの感想あらすじネタバレまとめ > アニメ 寄生獣セイの格率 stage5「異邦人」感想
2015年04月29日

アニメ 寄生獣セイの格率 stage5「異邦人」感想

アニメ 寄生獣セイの格率 stage5「異邦人」感想

あらすじ


遅刻で道を急ぐ新一は、不良グループに絡まれている長井と遭遇する。
長井を庇う新一。そこに現れる一人の女子高生、君嶋加奈。
新一は里美の手当てを受け、二人は良い雰囲気になるも、旅行先では新一の両親の身に・・・。
鳴り響く父からの一本の電話、ここから新一の過酷な物語が動き出す。



スポンサーリンク

前半


「お前、僅かだが混じってるな?」
田宮良子に言われたこの一言を気にしながら歩いていると、道に落ちている鞄につまづきます。
「オラ!立てコラァ!」
声のする方を見てみると3人にやられている長井を見つけます。
「彼、僕のクラスメイトなんだ…」
この一言で収まると思ったのか、声をかける新一。
すると逆に殴られてしまいます。
人間と寄生生物の違い「献身」に気づき不良たちを止めようとするもボコボコにされてしまうのでした。
加奈という少女が「やめなって!弱いの相手にみっともないよ!」と言うと不良たちは帰っていくのでした。
image.jpg

やられた長井は礼を言うわけでもなく「おめえバカじゃねえの?」と言います。
しかし長井を庇った事で同じ学校の上条たちに「なんかあったら、俺に知らせろよ!」と言われるのでした。
新一と里美が一緒に帰っていると、里美を攫い新一を呼び出す光夫。
「帰れ!ヒーローごっこは終わりだ!」
image.jpg
新一をボコボコにする光夫。
ミギーは参考までに相手のパワーを伝えてきます。
新一のパワーを10とすると、光夫が18、そして里美を抑えてる3人がそれぞれ12、13、14です。
相手の能力を測る能力は犬や猫にもあります。
動物は勝ち目のない相手とは戦わないけど、人間は違います。
「その子を離せ!さもないと…」

後半


「さもないとなんだよ?ママに言いつけちゃうか?」
光夫が新一をからかっているとまたしても加奈がこの場を制止します。
「いい加減にしなよ、光夫。」
そして大勢の仲間を引き連れた上条たちも来るのでした。
そして乱闘が始まるのでした…



家に帰ってきた新一。
家には里美もお邪魔しています。
「叶わないこと分かってて、あんなに頑張るのって泉くんだけだよ…」
なんだかいい感じの2人です。
image.jpg
そして両親がいないから泊まってく?と誘う新一。
しかし断られてしまい、里美は帰ってしまいます。
ミギーは人間の交尾が見れず残念そうです。
すると加奈が謝りに来ます。
2人は仲直りするも、ミギーは加奈の事を「気をつけた方がいい」と言うのでした。


加奈は寄生生物同士が感じることができる波長を、僅かながら感じ取れるのです。
里美も鋭い感覚を持っているも、加奈は桁違いなのです。
なるべく近づかない方がいいと忠告を受けます。



新一は夕食を食べてゆっくりしていると公衆電話から電話がきます。
「新一か…?か、母さんが…信子…とにかく警察に行ってあのバケモノを…」
そして電話は切れてしまいます。
夢で新一は母親が遠くに行ってしまう夢を見ます。
そして起きると電話の言葉を思い出します。
バケモノと言ったら寄生生物以外に思いつかないのです。


するとミギーは仲間が近づいてくるのを察知します。
包丁を握りしめた新一は玄関に向かいます。
なんと玄関から現れた人物は母親の信子でした!
image.jpg
「あの男は戻っていないのか?」
既に信子は寄生生物に乗っ取られていたのです!
「あの男はやはり死んだのか?いや、あの場所に戻ってもう一度確認する必要があるな…」
母親の姿に動揺する新一をよそに、信子は新一の心臓をひと刺ししてしまうのでした。
「母さん…」


感想


自分の脳がミギーに支配されつつあるのか心配な新一は、寄生生物と人間の違いを模索するようになってきましたね。
しかしその問題をよそに母親信子は寄生生物に乗っ取られてしまいました。
母親の姿とは戦えない新一…
果たして生きているのか?
そして父親の生死は?


スポンサーリンク




posted by タクヤ at 21:55 | Comment(0) | 寄生獣 セイの格率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。